すぺーす小倉屋建物について

昭和45年頃までの様子

すぺーす小倉屋の前身は享保年間(1716~1735)より昭和15年ころまで質屋業を営んでおりました、小倉屋質店であり、平成の現在まで当地谷中に長きに存在しております。

1993年に”すぺーす小倉屋”として復活  2000年に国・登録有形文化財へ

小倉屋敷地内に以前は明治時代よりの幾つかの建物と庭がありました。1993年新しい世紀に向けての整備改革を行いました。それは”古きもの”と”これからのもの”との共存と調和をめざしました。明治文化の象徴でそして家業でもある特徴的な質屋建物を残し、以前の生活空間”母屋、庭”を隣接する質屋部分(現在のすぺーす小倉屋)と調和すべく鉄筋造ではありますが屋根瓦そして色調もモノトーンを基調とした建て替えを行いました。
(1)〜(6)は小倉屋を実家とした伊藤とし(1914〜2001)の思い出絵です。拡大表示もできます。

油彩小倉屋正面.jpg(1)昭和初期の小倉屋 油彩:伊藤とし画

クリックすると拡大します。

縮小白蔵続前.jpg(2)大正初期の白壁土蔵

縮小小倉屋 大正末期裏-a.jpg(3)裏より昭和45年までの小倉屋

縮小小倉屋大正末期江戸期蔵を含む.jpg(4)大正初期の横からの小倉屋、右は江戸期の土蔵

縮小旧表庭より.jpg(5)1992年までの小倉屋庭

縮小旧裏庭.jpg(6)昭和初期の小倉屋裏庭、茶室も存在